クラウド?!機械?もしや手書き??こんなに違うタイムレコーダーの使い勝手

一般的なのはタイムカードに打刻をするタイプ

従業員の労務管理に使うアイテムとしてタイムレコーダーがあります。地方の公的機関などでは、いまだに手書きの自己申告書などで管理をしているところもあるようですが、正確に労働時間を把握するにはそれなりの仕組みが必要です。タイムレコーダーの中でも一般的とされるのはタイムカードを利用するタイプでしょう。別途専用のタイムカードが販売されていて、1枚1枚識別されるようになっています。従業員の名前などを書いておき、従業員が出社をしたとき、帰るときに機械に通してもらいます。機械を通すたびに時間が打刻されるので、その時の時間が分かります。ただし、代打ちの不正があったり、打ち忘れや出張時などには正確に打刻できないときもあります。

ICカードや人体認証で労働時間を把握

最近はセキュリティの関係から、オフィスに入る時には個々のICカードをかざさないといけないところが多いようです。社員証と一体化されていて、基本的には常に首から提げておきます。この入退室管理とタイムレコーダーが連動したタイプがあります。これによって、オフィスに入るたび、出るたびに時間が記録されます。記録されたデータは、ネットワークを通じて人事部などに送られ、即時に処理されます。残業が多くなっていたり遅刻が多い人などは、翌月を待たずに注意されるときもあるようです。さらに進んだ仕組みとして人体認証があります。指や手をかざして本人確認ができたり、顔認証で本人を確認します。代打ちの不正がなくなり、打ち忘れなども防げます。